PR

【おすすめ】500ml 炭酸対応ボトル3選 買って比較してみた!【サーモス・レボマックス・ニトリ】

【おすすめ】500ml 炭酸対応ボトル3選 買って比較してみた!【サーモス・レボマックス・ニトリ】 水筒
記事内に広告が含まれています。

暑い日はコンビニで炭酸水を購入して、水分補給しています。

ペットボトルのままカバンに入れると温くなって、冷えた炭酸飲料を楽しめなくなります。そんな悩みを解決してくれるのは炭酸対応ボトルです。

サーモス、ニトリ、レボマックの炭酸対応ボトルを買って、ランキングを付けました。それぞれメリット、特徴があり順位付けするのは難しいかったです。

第1位 「サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)」
第2位 「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」
第3位 「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)」と 「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」は同じスクリュー式のフタで、サーモスのフタはシンプルで軽い作りになっていました。

6時間後の保冷温度はサーモス(+2.8℃)とニトリ(+2.8℃)同じ結果になりました。

スポンサーリンク

500ml 炭酸対応ボトル 3選

今回レビューする炭酸飲料対応ボトルは

  1. サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)
  2. ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
  3. レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)

軽さランキング

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  本体234g
サーモス
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)全体重さ313g
レボマックス
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)本体:322g
ニトリ

第1位 234g サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)
第2位 313g レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
第3位 322g ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)

保冷ランキング

炭酸水を6時間各ボトルに保冷した温度を計りました。

第1位 +2.8℃ サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)
第1位 +2.8℃ ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
第3位 +3.5℃ レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)

炭酸残量ランキング

第1位 ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
第2位 サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)
第3位 レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)

6時間後の炭酸残量は私の主観ですので、その点ご承知ください。

500ml 炭酸対応ボトル ランキングまとめ

容量重量保温
保冷
機能
保冷
(6時間後)
炭酸残量食洗器
第3位 「REVOMAX
473ml313g〇 保温
〇 保冷
+3.5℃★★☆☆☆
キャップセット 〇
ボトル ×
第2位 「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル
530ml322g× 保温
〇 保冷
+2.8℃★★★★☆×
第1位 「サーモス FJK-500
500ml234g× 保温
〇 保冷
+2.8℃★★★☆☆パッキンのみ 〇
パッキン以外 ×

第1位 「サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル(500ml)」と 「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」は同じスクリュー式のフタで、サーモスのフタはシンプルで軽い作りになっていました。

6時間後の保冷温度はサーモス(+2.8℃)とニトリ(+2.8℃)同じ結果になりました。サーモスはニトリよりも30ml少ないにも関わらず同じ保冷温度を保てるのはすごい!

第3位:レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)【保冷保温】

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
製品名
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
アシッドイエロー / オリーブグリーン
イェールブルー / ソフトラベンダー
サンドベージュ / ギャラクシーシルバー
マットホワイト / オニキスブラック
容量473ml
重量(全体 / ボトルのみ / フタのみ)‎約313g / 約260g / 約53g
本体寸法6.7×27.1(直径×高 cm)
口径4.4cm
保冷効力36時間
保温効力18時間
食洗器キャップセット 〇
ボトル ×
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)全体重さ313g
全体:313g
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)ボトル重さ260g
ボトル:260g
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ重さ53g
フタ:53g
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)

ボトルサイズは700mlファンタの一回り大きい、持ちやすくカバンに入る大きさです。

  • 6時間経過した炭酸水は9.5℃ → 13℃(+3.5℃)
  • 6時間経過した熱湯は96.4℃ → 76.6℃(-19.8℃)
  • 6時間後の炭酸残量★★☆☆☆

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」のフタを開けるには3つの白いボタンを同時にプッシュします。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ開け方
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ開け方

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」のフタを閉めるには「PULL↑LOCK」のレバーを上に引っ張ります。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ閉め方
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ閉め方

片手でフタの開け閉めができるのは、便利!

第2位:ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml) 【保冷のみ】

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)

700mlファンタよりも一回り小さいサイズで持ち運びやすいです。

製品名
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ブラック
容量530ml
重量(全体 / ボトルのみ / フタのみ)約322g / 約223g / 約99g
本体寸法7.4×7.4×25.3(幅×奥×高 cm)
保冷効力9度以下
保冷 / 保温機能〇 / ×
スポーツドリンク
炭酸ドリンク
食洗器×
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)本体:322g
本体:322g
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)ボトル223g
ボトルのみ:223g
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ99g
フタ:99g

取っ手も付いていますので、持ち運びやすいです。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)取っ手
  • 6時間後の炭酸残量★★★★☆
  • 6時間経過した炭酸水は11.1℃ → 13.9℃(+2.8℃)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)保冷
(6時間前)11.1℃
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)保冷
(6時間後)13.9℃

サーモス 保冷炭酸ボトルFJK-500ml」と「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」に比べると「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」の炭酸が一番残った感じがしました。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口フタパーツ

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」のフタが9パーツに分解できることが最大の特徴です。

えー、9パーツも!めんど!」「9パーツだったら隅々まで洗える!」と意見が分かれます。

「組立」「分解」は写真付きで詳しく説明します。

  • STEP1
    フタをボトルから取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP2
    フタと収縮パッキン部分を取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP3
    収縮パッキンを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP4
    内フタを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP5
    ロックリングを押しながら回して取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP6
    台座、バネ、シャフトを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP7
    リブパッキンを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP8
    分解完了!
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP1
    パーツを並べる
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

    9パーツもあるので、組立順に並べました

  • STEP2
    ①のパッキンをはめる
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP3
    ②のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP4
    ③のパーツを組立て(戸惑ったポイント)
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

    丸い部品押しながら回すと取れます。

  • STEP5
    ④のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP6
    ⑤のパーツを組立
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP7
    6のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」はフタのすみずみまで洗浄したい人におすすめの水筒です。

第1位:サーモス FJK-500ml【保冷のみ】

製品名
サーモス 保冷炭酸ボトルFJK-500ml
シルバー / カーキ / ライトブルー
パープル / レッド / ネイビー
容量‎500ml
重量(全体 / ボトルのみ / フタのみ)‎234g / 185g / 49g
本体寸法6.5×6.5×24(幅×奥×高 cm)
口径3.6cm
保冷効力(6時間)10℃以下
保冷 / 保温機能〇 / ×
スポーツドリンク
炭酸飲料
食洗器パッキン以外は手洗い
  • 6時間後の炭酸残量★★★☆☆
  • 6時間経過した炭酸水は7.8℃ → 12.6℃(+4.8℃)
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  本体234g
本体:234g
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  ボトルのみ185g
ボトル:185g
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  フタ49g
フタ:49g

めんどくさがり屋な私にシンプルなフタが第1位の決め手でした。レボマックス、ニトリのパッキンのサイズと比べ物にならないぐらい小さくなっていました。

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル は700mlのファンタより一回り小さい

700mlのファンタよりも一回り小さいサイズで、持ち運びやすい水筒です。

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル は持ちやすい
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル は持ちやすい

フタとパッキンの分解方法もシンプルで説明書を参照せずにできました。

サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  ふた
サーモス FJK-500 炭酸対応ボトル  フタは4パーツに分解できる

500ml 炭酸対応ボトル 3選 まとめ

本記事は「【おすすめ】500ml 炭酸対応ボトル3選 買って比較してみた!」について書きました。

炭酸対応ボトルは、各社とも完成度が高く順位付けはめっちゃ大変でした。

シンプルな炭酸対応ボトルが欲しい人は「サーモス 保冷炭酸ボトルFJK-500ml」をおすすめします。

ビールを飲んだ後のフタをしっかり洗浄したい人は「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」、カッコいいデザインがいい人は「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」がおすすめです。

容量重量保温
保冷
機能
保冷
(6時間後)
炭酸残量食洗器
第3位 「REVOMAX
473ml313g〇 保温
〇 保冷
+3.5℃★★☆☆☆
キャップセット 〇
ボトル ×
第2位 「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル
530ml322g× 保温
〇 保冷
+2.8℃★★★★☆×
第1位 「サーモス FJK-500
500ml234g× 保温
〇 保冷
+2.8℃★★★☆☆パッキンのみ 〇
パッキン以外 ×
水筒
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家族全員で節約

コメント

タイトルとURLをコピーしました