PR

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml) レビュー!フタは9パーツに分解できる!

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml) レビュー!フタは9パーツに分解できる! 水筒
記事内に広告が含まれています。

暑い季節に炭酸飲料をペットボトルや缶で持ち歩くと温く、まずくなりますよね。そんな悩みを解決してくれるのは「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」です。

お茶、炭酸飲料、スポーツドリンク、ビールも保冷できます。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」の特徴はフタが9パーツに分解でき、すみずみまでしっかり清浄することができます。

メリット
デメリット
  • 炭酸飲料、スポーツドリンクを保冷できる
  • フタを9パーツに分解できる(キレイに洗浄)
  • 他メーカーと比べて重い(322g)
  • フタが大きい
  • フタを9パーツに分解できる(分解・組立が億劫)
スポンサーリンク

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)の外観

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
製品名
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ブラック
容量530ml
重量(全体 / ボトルのみ / フタのみ)約322g / 約223g / 約99g
本体寸法7.4×7.4×25.3(幅×奥×高 cm)
保冷効力9度以下
保冷 / 保温機能〇 / ×
スポーツドリンク
炭酸ドリンク
食洗器×
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)本体:322g
本体:322g
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)ボトル223g
ボトルのみ:223g
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ99g
フタ:99g

ボトル

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」のボトルの特徴を見ていきます。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)

700mlファンタよりも一回り小さいサイズで持ち運びやすいです。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)取っ手

取っ手も付いています。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)

裏面には「株式会社ニトリ」とシールが貼られている。

飲み口

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」の飲み口の特徴を見ていきます。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口

飲み口はほどよく丸みがあり、飲みやすい設計になっています。

フタ

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」のフタの特徴を見ていきます。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口フタ
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)飲み口フタパーツ

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」のフタは9パーツに分解できることが最大の特徴です。

えー、9パーツも!めんど!」「9パーツだったら隅々まで洗える!」と意見が分かれます。

「組立」「分解」は写真付きで詳しく説明していますので、安心してください。

フタ分解・組立方法

  • STEP1
    フタをボトルから取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP2
    フタと収縮パッキン部分を取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP3
    収縮パッキンを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP4
    内フタを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP5
    ロックリングを押しながら回して取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP6
    台座、バネ、シャフトを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP7
    リブパッキンを取り外す
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP8
    分解完了!
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ分解方法
  • STEP1
    パーツを並べる
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

    9パーツもあるので、組立順に並べました

  • STEP2
    ①のパッキンをはめる
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP3
    ②のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP4
    ③のパーツを組立て(戸惑ったポイント)
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

    丸い部品押しながら回すと取れます。

  • STEP5
    ④のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP6
    ⑤のパーツを組立
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
  • STEP7
    6のパーツを組立て
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法
    ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)フタ組立方法

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)のレビュー

6時間経過した炭酸水は11.1℃ → 13.9℃(+2.8℃)

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)保冷
(6時間前)11.1℃
ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)保冷
(6時間後)13.9℃

6時間経過した炭酸は★★★★☆

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)炭酸
(左)新しい炭酸水 (右)6時間経過した炭酸水

フタの複雑さが炭酸を逃がさないようにしたと思います。「サーモス 保冷炭酸ボトルFJK-500ml」と「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」を飲み比べた結果「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」が一番残っていた気がしました。

 炭酸の強弱は人によって感じ方が異なり、私の主観ですので、その点ご承知ください。

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)はこんな人におすすめ

炭酸飲料を長時間キープしたい人におすすめできる「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」です。

スポーツドリンクにも対応しているので、運動時にも使えそうですね!

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)のよくある質問

食洗機は可能?

取扱説明書を確認したい

食洗機は可能?

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」のフタセットは食洗器で洗浄可能です。ボトル本体は食洗器は使用できません。

取扱説明書を確認したい

PDFの取扱説明書はこちら

ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)のレビューまとめ

本記事は「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」をレビューしました。

6時間後の炭酸水は9.5℃ → 13℃(+3.5℃)でした。炭酸は★★★★☆残っていました。「ニトリ ステンレス炭酸用ボトル(530ml)」は保冷専用なので、保冷・保温機能が付いている対応水筒を探している場合は「レボマックス【REVOMAX】炭酸対応ボトル」がおすすめです。

メリット
デメリット
  • 炭酸飲料、スポーツドリンクを保冷できる
  • フタを9パーツに分解できる(キレイに洗浄)
  • 他メーカーと比べて重い(322g)
  • フタが大きい
  • フタを9パーツに分解できる(分解・組立が億劫)
水筒
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家族全員で節約

コメント

タイトルとURLをコピーしました