PR

レボマックス【REVOMAX】炭酸対応ボトル レビュー!他の人とデザインが被りにくい保冷・保温水筒

水筒
記事内に広告が含まれています。

暑い季節に炭酸飲料をペットボトルや缶で持ち歩くと温く、まずくなりますよね。そんな悩みを解決してくれるのは「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」です。

説明書には「炭酸飲料、スポーツドリンク、ビネガージュースも入れられます」と記載されていますので、安心して好きなドリンクを入れることができます。

レボマックス【REVOMAX】の水筒は片手で開閉できるキャップでボトルが開閉します。容量は355ml、473ml、592ml、950mlと4サイズあります。

メリット
デメリット
  • デザインがカッコいい
  • 3ボタン同時プッシュでフタが開く
  • ワンボタンでフタが閉まる
  • 保冷・保温機能がある炭酸対応ボトル
  • 6時間後の炭酸は★★☆☆☆
  • 他メーカーと比べて重い(313g)
  • パッキンが大きい
スポンサーリンク

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)の外観

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)は8カラーある
製品名
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
アシッドイエロー / オリーブグリーン
イェールブルー / ソフトラベンダー
サンドベージュ / ギャラクシーシルバー
マットホワイト / オニキスブラック
容量473ml
重量(全体 / ボトルのみ / フタのみ)‎約313g / 約260g / 約53g
本体寸法6.7×27.1(直径×高 cm)
口径4.4cm
保冷効力36時間
保温効力18時間
食洗器キャップセット 〇
ボトル ×
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)全体重さ313g
全体:313g
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)ボトル重さ260g
ボトル:260g
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ重さ53g
フタ:53g

ボトル

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)ロゴがかっこいい

ボトルには「REVOMAX」のロゴがオンされ、存在感を放っています。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)

ボトルサイズは700mlファンタの一回り大きい、持ちやすく問題なくカバンに入る大きさです。

飲み口

飲み口はほどよく丸みがあり、飲みやすい設計になっています。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)飲み口
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)飲み口
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)飲み口

MAXの線もあるので、入れすぎの心配がない!

フタ

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ

「リング」「キャップ」「パッキン」の3パーツに分解でき、丸ごと洗えて衛生的。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ

パッキンは大きく、洗いやすいです。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)パッキン
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)パッキン

フタ開閉方法

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」のフタを開けるには3つの白いボタンを同時にプッシュします。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ開け方
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ開け方

「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」のフタを閉めるには「PULL↑LOCK」のレバーを上に引っ張ります。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ閉め方
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)フタ閉め方

フタ分解・組立方法

  • STEP1
    フタの上下を引っ張る(持つ部分に注目!)
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)分解方法
  • STEP2
    二つに分解される
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)分解方法
  • STEP3
    パッキンを上に引っ張る
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)分解方法
  • STEP4
    3パーツに分解
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)分解方法
  • STEP1
    取っ手とパッキンを組立る(向きに注意)
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)組立方法
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)組立方法

    取っ手の白いボタンとパッキンの凸凹を合わせる

  • STEP2
    残りのパーツを組立
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)組立方法

    白いボタンとパッキンの凸凹が一直線になるように押し込む

  • STEP3
    組立完了!
    レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)組立方法

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)のレビュー

6時間経過した炭酸水は9.5℃ → 13℃(+3.5℃)

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)温度測定
前:9.5℃
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)温度測定
後:13℃

6時間経過した熱湯は96.4℃ → 76.6℃(-19.8℃)

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)温度測定
前:96.4℃
レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)温度測定
後:76.6℃

6時間経過した炭酸は★★☆☆☆

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)の炭酸水
(左)6時間経過した炭酸水 (右)新しい炭酸水

ウィルキンソン強炭酸を「レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」に6時間保冷した結果は
★★☆☆☆でした。ほぼ炭酸が抜けている感じ。

 炭酸の強弱は人によって感じ方が異なり、私の主観ですので、その点ご承知ください。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)はこんな人におすすめ

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」は洗練されたオシャレなボトルが特徴です。水筒のデザインを被りたくない人におすすめです。

説明書には「炭酸飲料、スポーツドリンク、ビネガージュースも入れられます」と記載されていますので、安心して好きなドリンクを入れることができます。

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)よくある質問

食洗機は可能?

フタセットは食洗器で洗浄可能です。ボトル本体は食洗器は使用できません。

サイズ別は?(500ml・750ml・1000mlがある)

容量重量本体寸法
(直径 × 高 mm)
口径保冷効力
(6時間)
保温効力
(6時間)
洗い方
レボマックス【REVOMAX】9oz 266ml266ml215g67 × 190 mm44mm8℃65℃手洗いのみ
レボマックス【REVOMAX】 12oz 355ml スリム型355ml272g67 × 231 mm44mm7℃68℃手洗いのみ
レボマックス【REVOMAX】 12oz 355ml355ml274g75 × 203 mm44mm7℃68℃手洗いのみ
レボマックス【REVOMAX】 16oz 473ml473ml320g67 × 271 mm44mm7℃74℃手洗いのみ
レボマックス【REVOMAX】 20oz 592ml592ml349g75 × 270 mm44mm6℃77℃手洗いのみ
レボマックス【REVOMAX】 32oz 950ml950ml349g75 × 270 mm44mm5℃80℃手洗いのみ
9oz (266ml)
レボマックス【REVOMAX】9oz 266ml
12oz (355ml) スリム型
12oz (355ml)
16oz 473ml
20oz (592ml)
レボマックス【REVOMAX】20oz 592ml
32oz 950ml

交換部品はどこで購入できる?

Amazon、楽天でレボマックス【REVOMAX】の交換部品を購入できます。

REVOMAX/REVOMAX2 パッキン2個セット キャップ交換用部品/水筒/ボトルキャップ/シリコン

レボマックス【REVOMAX】とコラボしているお店は?

レボマックス【REVOMAX】ボトルはコーヒー、アルコールも保冷・保温できるので、たくさんの喫茶店とコラボをしています。詳しくはレボマックス【REVOMAX】公式ページ

  • THINK’A SAKE & COFFEE
  • 猿田彦珈琲
  • 吉原奈桜コラボ(日本橋)
  • naohiga日本酒ボトル
  • naohiga珈琲ボトル
  • わかる珈琲ボトル(黒)
  • Let’s Beer Works
  • SHIKI BEER
  • ガハハビール
  • 麦と葡萄 牛久醸造場
  • 麦酒処ぬとり
  • 大森山王ブルワリー ビールスタンド「Hi-Time」
  • Beer Cellar Tokyo
  • WORLD BEER TERMINAL KAEN
  • カンパイ!ブルーイング

偽物はある?

「REVOMAX × 偽物」で検索されている傾向があり。私が調べたかぎり偽物は出回っていないようです。

レボマックス【REVOMAX】ボトルは4,000円前後するので、あまりにも安い出品には注意した方がいいかもしれません。

取扱説明書を確認したい

PDFの取扱説明書はこちら

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)のレビューまとめ

レボマックス【REVOMAX】16oz(473ml)」をレビューしました。

保冷・保温機能で、炭酸飲料、スポーツドリンク、ビネガージュースも対応できるボトルはREVOMAXしか見たことがありません。

フタも片手操作で開閉できる(ちょっと練習は必要)、他の人と違うデザインの水筒が欲しい人におすすめです。

メリット
デメリット
  • デザインがカッコいい
  • 3ボタン同時プッシュでフタが開く
  • ワンボタンでフタが閉まる
  • 保冷・保温機能がある炭酸対応ボトル
  • 6時間後の炭酸は★★☆☆☆
  • 他メーカーと比べて重い(313g)
  • パッキンが大きい
水筒
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家族全員で節約

コメント

タイトルとURLをコピーしました